源潤豊について
源潤豊鋳造主な製品は工作機械の鋳物です。
源潤豊鋳造会社は1974年に創設されました。主な製品は工作機械の鋳物です。会社の経営理念は「優れた品質」、「高満足度」です。また、全従業員は「ベストのために努力する」という目標を立て頑張っております,お客さまに対して高品質の追求は最も基本的な保証です。鋳造品質安定性を確保できるから、激しい競争市場で地位を占める。生産技術のレベルをアップして,環境マネジメントシステムの強化及び国際化を図る為に、継続的に自分の生産設備と技術を発展しております。
高効率の生産管理能力
源潤豊は「品質管理」、「生産技術」の研究と開発を目指して、お客様に高効率の生産管理能力を提供して、現代化の生産設備の強化に向けます。

我々は鋳造プロセス管理システムは確立され、統合生産プロセス一貫性鋳造と機械加工サービスして、お客さんに鋳物部品を組立前の状態で提供する事です。お客さまに「優れた品質」、「納期厳守」の鋳物を提供して、鋳造業の 一流のブランドに目指します。
企業沿革
1994 ミーハナイトの協同組合工場に加入、ミーハナイトのメンバーになる。国際化技術を取るメーカになる。
1995 ISO-9001品質システム認証を取得する。
1999 1.グローブで第二大、アジアで最大、台湾のみ、ヨーロッパ製20トン酸素式回転炉設備と溶解技術を導入する。
2.神岡区にて新工場を移転し、大型砂型ミクス設備を追加する。
2002 台湾鋳造協会の鋳造精品賞を授与された。
2003 1.工場敷地を5000㎡に拡大し、鋳物単品重さは20トン以上が生産できる。
2.ISO-9001 2000年バージョン品質システム認証を取得する。
2005 グローバル化にするエネルギ産業の開発動向、風力発電機の鋳物高段技術及び海内外風力発電を使う鋳物需要産能ができるようになり、風力発電の使う鋳物ができ、今後の新技術や新製品の開発を準備する。
2010 1.様々な大型鋳物の生産するため、生産設備と工場現場を拡大し、第三工場を設立する。
2.鋳物単品生産能力を50トンになる。鋳造の技術レベルと製品規格をアップする。
2011 取締役の黄加再は台湾鋳造品組合会理事長になって、産業のグレードアップを促進する。
2013 第一工場の設備をアップし、そのように鋳物産値と品質が上昇でき、現場環境までも改善する。
     
2016 ISO 14001 認証を取得する。